仙台牛について考えましょう

仙台牛は宮城県仙台市のブランド牛だということだと思いますが、牛タンにして食べるのが一般的な食べ方だということだそうですが、他にもステーキにして食べるということもするようです。そして、神戸牛や松坂牛などと並ぶブランド牛だということもよくわかると思います。興味がある方は一度調べてみるといいと思います。なかなか面白いと思いますし、機会があれば一度食べてみるといいと思いますね。ホームページなどでも仙台牛に関する様々な情報が掲載されていますが、やはり牛タンにして食べるのがおいしそうに感じますね。雑誌などで調べてみるということもいいと思いますし、他にも口コミ情報を参考にしてみるという手もあると思います。このあたりのことを詳しく調べてみてください。家族や友人などと一緒に調べてみるのも、楽しいかもしれませんよ。

米どころの美味しい稲わらで育った仙台牛。

宮城県から食肉用として出荷される牛は年間15000頭にのぼりますが、その中で仙台牛を名のれるものはわずか3割しかありません。昭和49年に兵庫県から導入した種牛から作り出されたこの食肉は、清らかな水で育てられたササニシキやひとめぼれなどの美味しい米の稲わらを食べて育ちます。赤身と脂肪のバランスが良く、まろやかで風味豊かな肉汁が特徴の逸品に仕上がるのは、豊かな台地と自然の恵みの中でストレスなく育てられてこそのものです。東北地方の産物という事で安全面を危惧する人もいますが心配には及びません。県の委託による全頭検査は厳しい管理化のもとで徹底して行われます。放射線物質についても例外ではありません。個体識別番号も公開されているのでインターネットを通じての情報閲覧も可能です。当初は生産量も少なく地元でも手に入れることが困難だった仙台牛も全国的に販売されるようになりました。近くのスーパーなどで見つけたらぜひ一度試してみてください。

仙台牛は宮城県が誇る最高級のブランド牛

仙台で牛肉というと牛タンを思い浮かべる人も多いと思いますが、仙台牛はそれとは異なり、全国で唯一、肉質等級が最高の5と格付けされた牛だけが名乗ることを許される、宮城県の超高級ブランド牛肉のことを言います。その基準をクリアできる牛はおよそ3割を言われ、いかに審査が厳しいかがわかります。米どころとしても知られる宮城県の稲わらと、奥羽山脈からの恵みの水を餌として育てられる牛たちは、ストレスが少ない状態で育てられるため、おいしいお肉になります。おいしさの特徴は、何と言っても脂肪と赤身の優れた「さし」のバランスの良さではないでしょうか。霜降りの美味しいお肉は、柔らかい口当たりでジューシーです。地元の宮城県ではステーキはもちろん、気軽にハンバーガーでもいただくことができます。美味しい仙台牛は、牛のお世話から餌、牛舎の立地や環境などに気を配り、育てた飼育農家さんの努力があってこそといえます。